IT・システム開発

サイトをWordPressからtumblrに移転して、1年越しでリデザインした件①|構想編

こんにちは!sawasawa(@sawasawa0)です。サイトをWordpressからtumblrに移転しました。
今回から4回にかけて、tumblrでwebサイトを構築した際の手順や思ったことなどをまとめていきたいと思います。

連載記事一覧

  • サイトをtumblrに移転して、1年越しでリデザインした件①|構想編
  • サイトをtumblrに移転して、1年越しでリデザインした件②|設計・準備編
  • サイトをtumblrに移転して、1年越しでリデザインした件③|コーディング編
  • サイトをtumblrに移転して、1年越しでリデザインした件④|まとめ・反省編

WordPressはやっぱり敷居が高かった

2010年頃から、WordpressでWebサイトを運営していました。 それ以前は、HTML直書きでサイトつくってたので、Wordpressを使用することでモダンなデザインのサイトが簡単に作ることができて、感動したことを覚えています。 しかし、時が経つにつれて、以下のような問題点が気になってきました。

  • 管理画面が使いづらい
  • カスタマイズが難しい
  • セキュリティや高速化に気を使う必要がある
  • サーバー管理にお金がかかる

WordPressでWebサイトを運営するには、HTMLやCSSの他に、php・Mysql・Javascript等の知識が要求されます。また、デフォルトで必要な機能がない場合には、WordPressプラグインを追加していく必要があります。それ以外にも、Wordpressそのもののバージョンアップ等にも対応していく必要があります。

「絵や記事をそっちのけで、サイトの高速化を考える」みたいな本末転倒な状態で、かつ大したPVもないのに、お金だけかかり続けている。これって実際どうなんだろうか。。。

もうすこし、簡単に管理ができて、自由にそして無料でサイトを構築できないものかなーと思いながらも、なんとなくそのまま放置してました。

クリエイターがサイトを持つときに必要な要素

クリエイターが自分のWebサイトを持つ目的は、

  1. 自分の作品を展示したい
  2. すでに商業化されている自分の作品を宣伝したい
  3. 新しい仕事につなげたい

だいたいこの辺じゃないかなーと。 かつて、イラストサイトにブログは適切かという議論があったけど、このような目的を叶えるために必要な要素はこんな感じになるんじゃないでしょうか。

  1. 自分の作品を置くページ(一覧性が高いもの)
  2. 最新情報の告知や日記等を書くブログ
  3. 広告非表示
  4. 独自ドメイン
  5. お問い合わせフォーム
  6. 自己紹介等を置く固定ページ

◆参考
漫画、イラストサイトにブログが向いている理由

クリエイターはtumblrを使おう!

で、見つけたのがtumblrですよ。
ふだん私がサイト巡回しているプロの方で、萌え絵の教科書で有名な、refeiaさんが自身のWebサイトをMovableTypeからtumblrへ移転されていていたのがきっかけで調べてみました。

◆参考
rumblefish

◆tumblrでできること

  1. 独自ドメイン
  2. ブログ
  3. リンク投稿
  4. 画像投稿
  5. 動画投稿
  6. 音声投稿
  7. デザインのカスタマイズ(CSS・JS使用可能)
  8. 独自ファビコン
  9. 広告非表示(元々広告がない)
  10. アドセンス・アフィリエイト可
  11. RSS
  12. コメント機能(他サービスと連携)
  13. 無料

以前も記事で殴り書きましたが、クリエイターのWebサイトに必要な要素は概ね満たせる上、Tumblrそのものの機能で、サイトに投稿したものは、どんどんシェアされていきます。

クリエイターがtumblrを使わない理由ってあまりないんじゃないでしょうか。

ひとつ問題があるとすれば、あまりHTML等の知識がない方が、思うようなデザインのサイトを作成するには少し敷居が高いかもしれません。

illustfolioの登場

しかし、2013年突如として登場した無料のテーマ(注1)が、特に絵師クラスタのtumblr利用の敷居を大幅に下げます。

image

◆参考
Illustfolio – イラストポートフォリオサイトを一瞬で作れるTumblrテーマ

>

このテーマでサイトを構築すれば、簡単にポートフォリオサイトを作成できるようになりました。 ちなみに、テーマ製作者のsanographixさんは他にもいくつもの無料テーマを配布しており、そのうちの一部は公式テーマとして使用されています。

(現在は、同作者様よりIllustfolio2が公開されており、そちらの使用が推奨されます。)

注1:tumblrは、一般的なブログと同様にすでに作成されているテーマを選択して、簡単にレイアウトを切り替えることができます。

こんなwebサイトをつくりたい

しばらくは本業が忙しかったこともあり、同作者様が公開されている、「Zen」テーマを適用して、放置していました。 今年に入って、まとまった時間がとれたため、本格的に再構築することにしました。

今回の要件は

  • トップページがポートフォリオとして機能すること
  • ブログは、収益を上げるのに必要な要素を盛り込むこと
  • その他作品の置き場を確保すること
  • 各ページのデザインは、一体性があり、コンテンツに集中できるものであること

このあたりを踏まえて、デザインやその他の準備を進めていきました。

→つづきます。

サイトをtumblrに移転して、1年越しでリデザインした件②|設計・準備編 (準備中)